6. 部活

③デザインのアレンジ

2016年04月25日 17時23分

部活用で利用するチームTシャツやユニフォームは、様々な場面で利用可能です。
真剣な試合で利用するユニフォームもあれば、練習用として使うものもあるでしょう。
 
大きな大会などでは、本格的なユニフォームを着用しなければなりませんし、
背番号や名前などを付け加えなければならないものも存在します。
しかし、普段の練習やイベントなどで利用するパロディーTシャツなども好評です。
完全にオリジナルのデザインでチームTシャツを作ることも可能ですし、
例えば映画のロゴを利用してパロディーでチーム名などを付けることもできます。
 
人気映画のタイトルロゴなどは有名なものも多いですので、
それをアレンジして名前やチーム名などを入れることによって、
一目見ただけで誰もがそれを認識できますし、それだけで人気者になれます。
タイトルロゴを一から作成するのは大変だと思われる方もいらっしゃるでしょうが、
業者側で用意されているものもたくさんありますので、
その画像を参考にして部員と話し合って選ぶのもよいのではないでしょうか?
 
学校によって力を入れている部活とそうでない部活、
または存在する部活や存在しない部活など様々なのではないかと思いますが、
例えばマイナーな茶道部やかるた部、書道部などのデザインを取り揃えている業者もあったりしますので、
そのようなものを参考にして選ぶのもよいのではないでしょうか?
 
部活動ごとにカラーがありますし、特色も異なるのではないかと思います。
その部活に所属する部員と話し合って部活Tシャツを作ることができれば、
誰もが納得するオリジナルのチームTシャツが出来上がるのではないでしょうか?
 
Tシャツであれば気軽にいつでも着用できるのではないかと思いますので、
部活中はもちろんですし普段の生活でも利用することができます。
ストレスを感じることなく着こなすことができますので、
尚更着ていてうれしくなるデザインにしたいものです。
 
部活によって在籍している生徒の人数は大きく異なるかと思います。
大人数が在籍している部活動ほどTシャツ購入費用が高くなる感じもしますが、
たくさん購入すればするほど1枚当たりの価格が安くなることが多いですので、
気軽にチームTシャツを作成することができるのではないかと思います。
 
部活動で全員が同じ服装をしなければならないというわけではないかと思いますが、
同じTシャツやユニフォームを着ることによって、
団結力や結束力が高まります。
特にチームワークが求められる部活動の場合は、
同じ服装で結束力を高めるのは重要なのではないかと思います。
 
また、結束力だけではなく、同じ服装をするだけで部活での思い出がより濃いものとなりますので、
部活動でオリジナルのチームTシャツを作るのは大きなメリットがあるといえるのではないでしょうか?